So-net無料ブログ作成
検索選択

E.パスクィーニ : 鍵盤楽器のための作品集/ジェームズ・ジョンストン [独奏曲]

エルコーレ・パスクィーニ(Ercole Pasquini, c.1560 - 1619以前)

鍵盤楽器のための作品集


ジェームズ・ジョンストン(チェンバロ&オルガン)


I.イントラーダ S1
II.カンツォーナ S10
III.第1旋法による S19
IV.クーラント S28a
V.クーラント S28b
VI.パッサメッツォ S23b
VII.トッカータ S2
VIII.カンツォーナ S18a
IX.ガリヤード S29
X.トッカータ S4
XI.(タイトルなし) S26
XII.カンツォーナ S14
XIII.ルッジェーリ S22
XIV.クーラント S27
XV.バッロ S30
XVI.トッカータ S5
XVII.カンツォーナ S15
XVIII.別れの時 S21
XIX.フランス風カンツォーナ S16
XX.ロマネスカ S25
XXI.ロマネスカ S24
XXII.トッカータ S3
XXIII.ドゥレッツァ S8
XXIV.(タイトルなし) S20
XXV.カンツォーナ S9
XXVI.ドゥレッツァとリガトゥーラ S7
XXVII.カンツォーナ S12
XXVIII.トッカータ S6
XXIX.フーガ S11
XXX.フランス風カンツォーナ S13


M.プレトリウス : オルガン作品集/ジャン=シャルル・アブリツェール [独奏曲]

Michael_Praetorius.jpg


ミヒャエル・プレトリウス(Michael Praetorius, 1571 - 1621)

オルガン作品集


ジャン=シャルル・アブリツェール(オルガン)


I.おお、祝福されし光なる三位一体 (聖三位一体の祝日のための讃美歌)
II.太陽の昇る地平から
III.至上なる父に栄光あれ (キリスト生誕祭のための讃美歌)
IV.われらみな唯一なる神を信ず
V.乙女マリアの胎に宿れり (待降節のための讃美歌)
VI.今ぞわが魂よ主をたたえよ
VII.われらの主キリスト、ヨルダン川に来り
VIII.朝には、歌をもってあなたを讃え (聖三位一体の祝日のための讃美歌)
IX.聖なる命が (復活祭のための讃美歌)
X.われらが神は堅き砦


カジーニ : オルガンのための《12の思い》 作品3/フランチェスコ・タジーニ [独奏曲]

ジョヴァンニ・マリア・カジーニ(Giovanni Maria Casini, 1652 - 1719)

オルガンのための《12の思い》 作品3 (1714)


フランチェスコ・タジーニ(オルガン)


I.第1番
II.第2番
III.第3番
IV.第4番
V.第5番
VI.第6番
VII.第7番
VIII.第8番
IX.第9番
X.第10番
XI.第11番
XII.第12番


ザンボーニ : リュート・ソナタ集 作品1 より/シモーネ・ヴァッレロトンダ [独奏曲]

ジョヴァンニ・ザンボーニ(Giovanni Zamboni, 1664 - 1721)

リュート・ソナタ集 作品1 より


シモーネ・ヴァッレロトンダ(アーチリュート)


1.ソナタ 第8番

I.アルペッジョ
II.アルマンド
III.ジーグ
IV.サラバンド
V.メヌエット

2.ソナタ 第9番

I.プレリュード
II.アルマンド
III.ジーグ
IV.サラバンド
V.ガヴォット:アレグロ

3.ソナタ 第5番

I.アルマンド
II.クーラント
III.サラバンド:ラルゴ
IV.メヌエット

4.ソナタ 第2番

I.アルマンド
II.クーラント
III.サラバンド
IV.ジーグ

5.ソナタ 第6番

I.アルマンド
II.ジーグ
III.サラバンド:ラルゴ
IV.ガヴォット

6.ソナタ 第11番

I.グラーヴェ
II.クーラント
III.サラバンド:ラルゴ
IV.メヌエット
V.シャコンヌ

7.フーガ~ソナタ 第7番 より


ポーランドのチェンバロ作品集/マレク・トポロフスキ [独奏曲]

バジリ・ボフダノヴィチ(Bazyli Bohdanowicz, 1740 - 1817)
ユゼフ・エルスネル(Jósef Elsner, 1769 - 1854)
ミハウ・クレオファス・オギンスキ(Michał Kleofas Ogiński, 1765 - 1833)

ポーランドのチェンバロ作品集


マレク・トポロフスキ(チェンバロ)


1.12のポロネーズとコントルダンス形式の3つの小品 (ボフダノヴィチ)
2.マズルカ ニ長調 (同)
3.マズルカ ハ長調 (同)
4.コザクと変奏 (同)
5.チェンバロまたはフォルテピアノのための3つのロンドー (エルスネル)
6.ポロネーズ 《祖国への別れ》 (オギンスキ)